2011年04月30日

掲載

宇都宮の住宅がarchdailydesignboomに掲載されました。

08.jpg

添田建築アトリエ
ラベル:宇都宮の住宅
posted by 添田 at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

掲載されました

T-apartmentが日経住宅サーチに掲載されました。

http://sumai.nikkei.co.jp/style/mansion/149.cfm
posted by 添田 at 18:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

iA掲載

私共で設計監理を致しました「ami」がエクスナレッジ iAに掲載されました。

照明に関する様々な事例が掲載され、勉強になりました。
posted by 添田 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

フランス視察-03- Fondation Cartier /Jean Nouvel

こちらも二度目の「カルティエ現代美術財団」です。


大きな地図で見る

道路と敷地の境界線に一枚目のガラス面、建物の道路側のファサードとして二枚目のガラス面、敷地奥の裏庭と建物を仕切る面に3枚目のガラス。3枚のガラスが平行に並ぶその一部が美術館・オフィスなど諸機能を納めた建物といった印象です。
そのガラス面の構成を純粋に表現しようとすると、地面と建物1階の床レベルは面であるべきで、まさしくその通りになっているのに今回はじめて気付きました。
3枚ガラスが並ぶと様々に風景が反射し合うことも特徴ですが、なかなか写真として撮り切れずこの一枚のみとなりました。

FH020023+.jpg

FH020025+.jpg
posted by 添田 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

フランス視察-02- nstitut du Monde Arabe /Jean Nouvel

「ケ・ブランリー美術館」に感動し、引き続きジャン・ヌーベルを見に行こうと、「アラブ世界研究所」。


大きな地図で見る

12年前に一度見ているが、二度目も新鮮でした。
カメラの絞りの機構を模した日除けは日射を感知し自動制御していたという記憶がありますが、度重なる故障のためある程度そのオートメーション機能を低下させて改良したとのこと。(センサーの使用を中止し、時間制御に切り替えたのだろうと推測していますが、、、)ガラスと金属で精緻に構成される日除けもまた、身体に直に訴えかけてくるジャン・ヌーベル特有の質感。イスラム建築に特徴的な徹底した反復のように、ファサード全体のみならず前面の広場の床仕上までなされていると、強い秩序を体感出来ます。

FH010013.JPG

FH010018.JPG

FH010019.JPG

FH010020.JPG
posted by 添田 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする