2011年10月01日

上棟

進行中の住宅の現場が上棟しました。
木造住宅の上棟時には、建物のフレームとなる柱・梁と床が出来上がり、金物を取り付けた後に、合板やボードを張ることによって壁が出来上がります。

RIMG0012+.jpg
 
RIMG0011+.jpg

従ってこの段階で内部を見渡すと、完成形を想像しながら行う設計時のイメージと違った良さを発見する事がしばしばあります。
今回のこの住宅では、3枚のそれぞれ形の異なる不定形な屋根が高さと位置を変えて張られることになりますが、そのイメージをもう少し内部のあちこちから意識出来るような工夫をすると、居心地も良くなるのではないかと気付きました。
諸事情により工期が短いので大急ぎで検討する必要がありそうです。

添田建築アトリエ
posted by 添田 at 12:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 建築設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。